Underhand Cast


ほぼ40ydのキャストシーンです。
(キャストアウト時に上半身が動いてしまっています・本当はNG
左右の肩と左上腕を痛めているので、カバーする為・・・その辺はご愛嬌)

ラインはLOOP GDC-tipeS2−3を使っている為、一連の動きが早く
教科書通りに、リフト→(ストップA)→ハーフサークル(ストップB)ドリフト
の流れの中にストップ部分が、ほぼ止まって見えませんが、確実に止めています。

ストップAを行わない場合)ハーフサークルは乱れて、最悪の場合、後方にキャストされてしまう。
                リーダータッチのはずが、ラインその物が水面に突き刺さる、いわゆるブラッディーLになる

ストップBを行わない場合)シュートアウトしたラインに、ハーフサークル時の回転運動がそのまま移行して
                直進+わずかな回転=飛距離ダウン+ラインのヨレとなってしまう。

上手と下手の力配分)上手=0 下手100 動画では上手でロッドを押しているように見えますが
             下手を強烈に引き付ける事によって、上手が前方に引っ張られているだけです。